学生学生ローンの審査は、一般的なキャッシング商品などに比べると通過しやすいメリットがあります。ただし、学生対象のローンとはいえ、借り入れができるのは安定した収入がある学生です。また、原則として学生ローンは20歳以上の学生を融資の対象としています。小口の融資ですから、定収入があまり多くない学生でも借り入れできる可能性が高いのです。中には、18歳以上の学生であれば融資をしている学生ローンもあります。その場合は、申し込みの際に保護者の了承が必要になることがあります。

学生ローンの審査がゆるめといわれるポイントの1つが、職場への在籍確認がないことです。通常、ローンを申し込んだ人には職場への在籍確認が行われます。アルバイトであっても、一定収入のある社会人であるかどうかが審査で重視されるためです。ローン会社としては、お金を貸したら利息をつけて返済してもらう必要があります。返済できる能力の証明となる1点が、職場への在籍確認なのです。最近では非正規雇用で働く社会人も増えましたが、一般的なローンの上限額は学生ローンより高く設定されることが多いため、審査も厳しくなります。バイト先などに在籍確認の電話が入らないことは、学生ローンの利用しやすさにつながるのではないでしょうか。