教材学生にも、お金の必要なシーンが幅広くあります。親元を離れている学生には生活費が必要ですし、サークル費用や娯楽費・交際費なども必要でしょう。しかし、中でも最も必要になるのが学費です。ひと口に学費といっても、大学や学校に支払う授業料や施設費のみが学費とは限りません。教材などは別途必要になることが多く、授業料を支払った後にも常に学費がかかるシーンだらけです。学費が足りないからといって教材が不足したまま学ぼうとしても、十分に学べないのは当然です。とはいえ、細かな教材費が必要になるたびに親に工面を頼むのは気が引けるという人も少なくありません。

そんなときに便利なのが、学生ローンです。学費を工面する方法としては、教育ローンなどもあります。一般的なキャッシングを利用する手もあるでしょう。しかし、教育ローンは学生本人が借り入れすることはできず、一般的なキャッシングは学生を対象としていないこともあります。その点、学生ローンは学生のみを対象にしたローン商品です。学生が堂々と申し込むことができることから、垣根が低いのがメリットといえます。学生本人が自分で責任をもって学費を工面したいときに、学生ローンは最適な方法です。